アンド・スマイルコラム~わたしの38歳からの妊活~その2

わたしの38歳からの妊活 その2

~前回までのお話~

38歳で結婚。1年近く妊娠しなかったため、レディースクリニックで検査をし不妊治療を行うことになりました。飲食店で働いていたときの副流煙、ダイエット、体を冷やすような服装。今さらながら後悔することばかりです。

そして一番悩んだのが、仕事をしながら不妊治療が出来るのかという事です。やはり、なかなか難しく思うように進みませんでした。そんな時主治医からは「仕事はいつでもできるよ。でも子供は今しかないよ。」と言われ、はっとしました。私は仕事を辞める事をオーナーに伝えましたが、次のスタッフが見付からず、なかなか仕事を辞められませんでした。

その間私がしていた事は、バランスの良い食事・葉酸サプリの摂取・体を冷やさないようにする・甘い物を控えた事・砂糖を上白糖からきび砂糖など精製されていない物に変えた事・よもぎ蒸しをして体を温めた事・ルイボスティーを飲んだ事・ストレッチをした事・ストレスを溜めないようにする事・日光浴をする事です。もちろん子宝神社にも行きました。

私が顕微受精をするまでの流れは、まず基礎体温を測り、月経開始1週間前から点鼻薬「ブセレキュア」を1日3回8時間おきに使用しました。この薬は卵子を採取する前に卵が自然に排卵してしまうなどの問題を回避する事が出来ます。

そうすると月経が始まります。今度は卵を育てる注射を8日間毎日夜に注射しました。もちろん病院で打ってもらう事も出来ますが、私は病院で練習して自宅で注射しました。

そして病院で何個卵子が取れるのか確認し、私は6個卵子が採取でできるとの事でした。採卵する2日前の夜に注射しに病院へ行きます。

そして、いよいよ採卵の日です。

―つづくー

↓前回の記事はこちらです

アンド・スマイルコラム~わたしの38歳からの妊活~

コラム